自宅のあんなところやこんなところをDIYしてみよう

>

これはつかえる、DIY材料

リメイクシートについて

DTYで安く簡単に仕上げるのに活躍するのがリメイクシートです。
レンガ柄やコンクリートうちっぱなし、木目にタイルなど様々な柄があります。
あまり大きくなければ100円ショップでも売っています。

壁一面にレンガのリメイクシートを貼るだけで雰囲気が一変します。
いままで見慣れた壁がレンガによって異国情緒あふれる壁になるのです。

さらに、壁に限らず、棚や引き出しにはってもおしゃれを演出できます。
リメイクシートと聞くとなにか難しいものなのかなと思いますが、要は簡単なシールです。
はがして、貼るだけです。

すごく見栄えも良くなり、家の中が一気に華やぎます。
ただ気になるところにシールをはるだけなのでDIY初心者にも簡単にできますね。

ペンキの種類

DIYに必要不可欠なペンキ。
間違えて買ってしまったと余計な出費を出さないようにペンキの特性も説明しておきます。

まず、水性のペンキです。
これは、匂いが少なく保管がしやすいです。
室内を塗装する際は安全性の高い水性のペンキがよいでしょう。

次は油性です。
密着性が高く乾くのが早いです。
ですが、溶剤をシンナーで薄めているので空気の通りの悪いところや室内には向きません。

材質についてです。
一般的なペンキはウレタンでできています。
このペンキは耐久年数が約5年と言われています。

少しいいやつになるとシリコンです。
耐久年数は約10年です。
塗ったものを守ってくれるというメリットがあります。

最後はピュアアクリルです。
耐久年数は約15年と言われています。
トータルで見るといいペンキですが、お値段がはります。

一度塗って長く保たせるか、気分でこまめに塗り替えるか決めてから購入しましょう。


この記事をシェアする